MIZUNO WinterCup U16ルーキーリーグ全国大会 交流会 帝京長岡

目次

MIZUNO WinterCup U16ルーキーリーグ全国大会 交流戦 帝京長岡

○ 帝京長岡 2-2 

会場:時之栖うさぎ島グラウンド

開誠館は予選2位だったため、交流戦はA組2位の帝京長岡との対戦になった。
序盤から仙台育英戦で自信をつけたか、攻撃の意識が強く感じられる。
10分頃にコーナーキックから先制。
しかしまだ1.2戦のような弱気なプレーも消えていない。
不用意なバックパスから失点すると、勝ち越しゴールも許してしまう。

守備陣は相変わらず神がかり的なセーブを連発し、必死にゴールを守っている。
一方攻撃は、ボールを持ってもすぐに失ってしまう。
サポートが足りないのだ。だからボールの出しどころが無くなり、簡単に奪われる。
また状況判断も甘い。ドリブルやパスのテクはあるが、攻撃がワンパターンだ。
これでは前の試合の経験が台無しだ。

それでもコーナーキックからから押し込み同点に追いついたところで試合終了。
2日間を終わってみれば、1勝3分で負けが無い。
これは凄いぞ。自信を持って良い。
あとは今大会で明らかになった問題点を反省し、今後に活かしていこう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

是非シェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる