高校U16ルーキーリーグ vs清水東高校

目次

2021.11.14 高校U16 東海ルーキーリーグ vs 清水東

△ 清水東 1-1 得点者:菅原
会場:開誠館総合グラウンド

高校 東海U16ルーキーリーグ
△ 清水東 1-1 菅原

U16ルーキーリーグ東海は、4試合を終えて無敗。
試合数が1試合多い藤枝明誠が暫定首位になっているが、1敗しているので勝ち点は同じだ。
今日の試合に勝てば、勝ち点差3で開誠館が首位になり、全国大会出場がほぼ決まる。

試合は開誠館のキックオフで始まった。
しかしいきなり清水東に攻め込まれ、開始数分で失点。
体勢が整う前に追いかける展開になってしまった。

その後の試合は、中盤で攻め合う展開になる。
開誠館が攻める時間が多いが、なかなかゴール前に持ち込めない。
遠目からのシュートも無く、結局1本もシュートを打てないまま、前半が終了した。

後半もゴール前まではなんとか持ち込むものの、やはりシュートが打てない。
ボールを持ちすぎて、出しどころが無くなり、後ろに戻すパターンが多い。
またボールが自分のところに来るまで待っている選手も多い。
待っている間に相手にボールを奪われてしまうのだ。
なぜ自分からボールに向かって行かないのだろう。

後半20分、左サイドでフリーキックを得ると、菅原が直接決めて同点に追いつく。
その後も攻めるが、決定機はたった一回だけ。
その1回もゴールポストの上に大きく蹴り込んでしまい、勝ち越しのチャンスを潰してしまう。

試合は1-1で終了。
勝ち点1を得たことで、藤枝明誠を抜いて首位を奪取した。
しかし3位に藤枝東が迫っていることもあって、安泰では無い。
残り2試合。中京戦と藤枝東戦だ。

今日は久しぶりの1年生だけの試合と言うこともあって、まだ十分に実力を発揮できなかったようだ。
しかし修正する時間は十分ある。
残り2試合にきっちり勝って、2年連続の全国大会出場を決めよう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

是非シェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる