高校総体県大会3回戦 vs 浜松工業高校

目次

高校総体県大会3回戦 vs 浜松工業高校

○ 1-0 今井

会場:開誠館総合グラウンド

先週の初戦で9-0と快勝し、このまま勢いに乗っていきたいところだ。

試合は開誠館が終始ボールを支配し圧倒している。
しかし、どうにも点が取れない時間帯が続く。
相手の守備が堅いとか、キーパーの好セーブに阻まれているという感じでは無い。
ゴール前までのアプローチは良いのだが、フィニッシュの段階でミスが目立つ。
軽く流し込めばいいところを、力んで蹴り上げる場面が多く見られる。
枠内へとんだシュートはことごとくキーパーの正面を突いてしまう。

前半、ひやりとする場面もあった。
30分頃、相手がやや遠目から放ったシュートがゴールポスト上ギリギリのところに飛ぶ。
キーパー藤村が思いきりジャンプして、なんとか弾いた。
今日の展開では致命傷になりかねない一撃だっただけに、ビッグセーブだ。

後半、雨が強くなってきた。
早く点をとって落ち着きたい。
後半10分ゴール前、ボールが今井の前に転がった。
今井が落ち着いて、抑え気味に低いボールを打ち込んだところ、これが見事に決まった。

その後も攻める展開が続くが、ゴールは奪えず試合終了。
この展開で1得点は無いだろう、、、とも思うが、トーナメント戦は勝つことが大事だ。
過去にも年に何度かはこういう展開の試合はあるものだ。
さぁ来週の準々決勝 磐田東戦に向けて気持ちを切り替えよう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

是非シェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる