高校新人戦県大会2回戦 vs静岡北

目次

高校新人戦県大会2回戦 vs静岡北

○ 静岡北 6-1 兼子2、松本、粟倉、坂上、肥後

会場:開誠館総合グラウンド

圧倒的に攻めるが点が入らない。
シュートよりもパスを優先してしまう。
守備の乱れから失点。
焦ってますますバタバタする。
前半は悪い部分が露呈した展開になってしまった。

自ら走らずボールが来るのを待っている選手も少なからず見られた。
長いパスボールを待っている間に、敵に奪われてカウンターを食らうのだ。
失点シーンも良くない。
キーパーと守備陣が交錯する間に、転がったボールがゴールに入ってしまった。
被シュート0で1失点。
前半はリードを奪われたまま終わった。

メンバーを入れ替えて臨んだ後半、ようやく良い流れになった。
5分に兼子が思い切りのいいシュートを放って同点。
さらに1分後に松本の、これまた思い切りのいいミドルシュートが決まって逆転。
その1分後は粟倉が決めて3-1。
その後も、坂上、肥後、兼子が決め6-1で勝利。
前半にはほとんど見られなかったミドルシュートがよく決まった。
積極的にゴールを狙う思い切りのいいプレーが小気味よい。
後半も被シュートは0だ。

来週の3回戦は早くも静岡学園との対戦だ。
静学に何点で勝つか!に着目しよう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

是非シェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる