中学U13チャンピオンシップ準決勝 vs 清水エスパルス

目次

中学U13チャンピオンシップ準決勝 vs 清水エスパルス

● 清水エスパルス 1-1 日下 PK1-4

会場:愛鷹広域公園 スポーツ広場

U13チャンピオンシップ準決勝の相手は、開誠館が創部以来、公式戦未勝利の清水エスパルスだ。
東海リーグ1位の強敵ではあるが、決して敵わぬ相手ではない。
いつも通りのクレバーなサッカーで戦いたい。

前半はエスパルスのペース。
早いパス回しと寄せに翻弄され、守る時間が多い。
ゴール前に迫られ何度もピンチを迎えるが、守備陣とキーパーの頑張りでなんとか凌いでいる。
特にキーパー松浦が好セーブ連発で、開誠館のピンチを救ってくれた。
開誠館にも何度かチャンスがあったが、遠目からシュートを打つのが精一杯だ。
それでも前半を無失点で折り返すことが出来たことは大きい。
後半の反撃に期待だ。

ハーフタイム。選手たちからは「落ち着いてやればもっと行けるぞ」という声が聞かれた。
劣勢みえた前半だったが、選手たちは逆に手応えを感じていたようだ。

相手のサッカーにも慣れ、動きが良くなった後半。
全く互角に戦えている。
後半10分、この試合2度目のコーナーキックを得ると、シュートのこぼれ球を日下が押し込んで先制。
ついにエスパルスからリードを奪った。

ここからエスパルスも激しく攻めてくるが、集中力を欠かさず全員一丸となってゴールを守る。
しかしこのまま逃げ切れるほど甘くは無かった。
後半20分、エスパルスのコーナーキックから同点に追いつかれてしまった。

この後は一進一退の攻防が続く。
開誠館はアディショナルタイムに入る直前に、右サイドからのグラウンダーのクロスに2人が飛び込んでキーパーと交錯したが、あと一歩届かず勝ち越しならず。これは惜しかった。
試合は1-1でタイムアップ。勝負はPKに持ち込まれた。
開誠館は2人が外し、1-4で惜敗。

残念ながら決勝進出とエスパルス戦初勝利はならなかったが、非常に内容の濃い、いい試合だった。
エスパルスとは今度はU15の東海リーグでの対戦がある。
次こそ今日のリベンジだ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

是非シェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる