プリンスリーグ第6節 vs 清水桜が丘高校

目次

プリンスリーグ第6節 vs 清水桜が丘高校

○ 1-0 山口 

会場:清水総合運動場

現在2連勝中で3位と結果は残しているが、どこかすっきりしない試合が続いている。
今日こそはキッチリ勝って、高校総体に繋げたい。

今日も試合の入りは良かった。
中盤でのパスの連係も冴え、桜が丘を圧倒している。
前半14分、右サイド兼子のクロスに、ゴール左側で山口がドンピシャのヘッドで先制。
山口は3試合連続得点と好調だ。

しかしここから畳みかけられないのがもどかしい。
押しているのだが、微妙に連携のタイミングがずれ始めている。
パスを選択するべきところで、誰もいない前に蹴り込んだり、わざわざ密集しているところにパスを出したり、、、
サポートで走る選手が少ないのも気に掛かる。


後半に入ってもなかなか修正できない。
むしろ後半は押され気味だ。試合開始直後に見られたパスの連携も影を潜めている。
どうした???
後半はほぼ決定機を作れない。
守備陣は前後半通して、集中した守りで相手の攻撃を防いでいる。
特に今日はキーパー藤村がビックセーブを連発だ。

試合は1-0で終了。
3連勝で順位も2位に浮上した。
今日もすっきりした展開では無かったが、それでも勝ちきることが出来るのが、このチームの強みだろう。
来週から始まる高校総体に大いに期待だ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

是非シェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる